• 文字サイズ
  • 小
  • 大
  • 言語選択

NEWS一覧

2017年2月21日

ジオパーク・パートナー講座「善光寺岩屑なだれはいつ発生したのか? ―藤根論文の再検討―」のお知らせ

2017年1月12日

冬の洞爺湖有珠山ジオパークを巡るフリーパス

201701122

 

現在、洞爺湖温泉バスターミナルと昭和新山やサイロ展望台を結ぶ路線バス(道南バス)が、1日5往復運航しています。2日以上滞在されて、バスでジオパーク観光をされる方は、好評発売中の「T-Pass(区間内2日間乗り放題)」をぜひご利用ください。お得なうえに、さまざまな観光施設で割引などの特典も受けられます。

期間:2017 1/10(thu)~3/11(sat)
販売:JR洞爺駅、洞爺湖温泉バスターミナル
値段:大人1,500円 子ども800円
詳細はこちら→TOYA TRAVEL WINTER BUS ホームページ

2016年12月28日

『NPO法人有珠山周辺地域ジオパーク友の会』北海道社会貢献賞(防災功労者)受賞!

[2column] 1228

長年、洞爺湖有珠山地域の防災教育に携わり、ジオツアーやボランティア活動も活発に行ってきた有珠山周辺地域ジオパーク友の会が、この度、その功績を認められ北海道社会貢献賞(防災功労者)を受賞しました。おめでとうございます!当ジオパークの主役「ジオ友」の受賞は、地域の誇りです!

平成28年12月9日(金)に北海道庁知事会議室にて執り行われました表彰式の様子はこちら>>北海道庁 社会貢献賞(防災功労者)のページ

[/2column] [2column]

【祝賀会の様子】

[/2column]
2016年12月21日

ジオパーク・パートナー講座「400年前の津波と噴火湾沿岸に暮らした人々」のお知らせ

1227
[2column]

 

290128 [/2column] [2column]

 

【申し込みはこちら!事務局】 [/2column]
2016年12月14日

ユネスコのホームページに掲載されました。

22222

↑画像クリックでご覧ください。(英語)↑

※ユネスコ=国際連合教育科学文化機関

 

2016年12月12日

日本ジオパーク再認定について

[2column]
H281210_MM
[/2column] [2column]

洞爺湖有珠山ジオパーク地域住民の皆様並びにご関係者の皆様

先日、速報でお伝えした通り、2016年12月9日(金)に開催された第29回日本ジオパーク委員会におきまして、洞爺湖有珠山ジオパークが「日本ジオパーク」に再認定されました。これもひとえに皆様のお力添えのおかげと深く感謝いたしております。今後も相変わらぬご交諠を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。ホームページ上にて恐縮ではございますが、厚く御礼申し上げます。

 

洞爺湖有珠山ジオパーク推進協議会

会長コメント【PDF 0.2M】
日本ジオパーク再認定審査結果【PDF 0.2M 日本ジオパーク委員会発表】 [/2column]

 

 

2016年12月9日

速報:日本ジオパーク再認定

「日本ジオパーク」再認定に関する会長コメント

本日、第29回日本ジオパーク委員会が開催され、洞爺湖有珠山ジオパークが「日本ジオパーク」に再認定されました。

今回の再認定は、当地域内の学校等で行われている防災教育活動へのジオパークの積極的な活用や、観光、農業、漁業関係者との連携によるジオパークのPR活動について、委員の皆様に高く評価された結果であり、大変うれしく思っております。

来年は、ユネスコ世界ジオパークの再認定審査も控えておりますが、引き続き、当ジオパークを構成する1市3町の連携のもと、地域の皆様とともに、「ユネスコ世界ジオパーク」の一員として、魅力ある地域づくりを進めてまいります。

平成28年12月9日  洞爺湖有珠山ジオパーク推進協議会  会長 真屋敏春

 

日本ジオパークネットワークホームページ お知らせ・プレスリリース

 

2016年12月6日

ジオパーク専門員募集

洞爺湖有珠山ジオパーク推進協議会ではジオパーク専門員を募集しています。
【募集人員】 1名
【募集期限】 平成29年1月31日(必着)
【選考方法】 1次選考:書類審査、2次選考:面接審査
詳細は以下の募集要項をご覧ください。

洞爺湖有珠山ジオパーク専門員募集要項(PDF)
2016年10月14日

ジオサイト整備情報

[2column] ggjas gdfg [/2column] [2column]

先ごろ、西山山麓散策路を管理する洞爺湖町が環境省の協力の元、散策路北口、西新山沼付近の隆起した旧国道とミニグラーベン付近の草刈を実施されたとの報告がありましたので、お知らせいたします。

特に西新山沼の奥は16年の歳月により生い茂った植物で道路があった事すら見えなくなっていましたが、昔のセンターラインもはっきりと確認できています。

[/2column]
2016年10月11日

10/20~21 日本ジオパークネットワーク再認定審査について

日本ジオパークネットワーク(JGN)の認定地域は、4年に1度、再認定審査を受けることが義務づけられていますが、平成20年(2008年)に認定を受けた当地域においては、平成24年(2012年)の再認定審査(結果:「再認定」)に引き続き、平成28年(2016年)10月20日~21日の2日間、第2回目の再認定審査(現地調査)が行われます。地域の皆さま、関係者の皆さまには、さまざまなご支援をよろしくお願いいたします。 なお、ユネスコ世界ジオパークネットワークの再認定審査は、平成29年(2017年)の6月~8月に実施予定です。

【審査員】

  • 尾池 和夫氏(日本ジオパーク委員会委員長)
  • 野辺 一寛氏(隠岐ジオパーク事務局長)
  • 鵜飼 宏明氏(天草ジオパーク専門員)
1 2 19

page-top