ジオマスターカードゲームのあそび方

ジオマスターカードで遊ぶ前に

  • 名前や絵、GP(ジオポイント)などが描かれている方を表、カードの説明がされている方を裏とします。
  • 基本的に山札は全て裏向きに置くのでカードの説明を覚えるとゲームを有利に進められます。

ジオポーカー

トランプゲームの代表格であるポーカーを基に児童でも簡単に遊べるように役がペアとツーペアのみのシンプルなゲーム内容になっています。作ることの出来る役が少ないため役の優劣を無くし、作った役のGPの高さで勝敗を分けます。

【人数】2人~4人

【勝ち方】カード左下の『○○』シリーズのペアをより高い得点で作る。

【遊び方】

  1. 全員順番に1枚ずつ引き、手札が1人5枚になるようにする。
  2. 持っている5枚の中から不要なカードを1枚出して全員でジャンケンマークを参考にじゃんけんをする。このとき出したカードは捨て札とする。(あいこの場合GPの1番大きい人が勝ちとする)
  3. 勝った人から時計周りに1度だけ手札交換することが出来る。(1度の交換で最大4枚交換できる)
  4. 全員の手札交換が終わったら手札を公開して勝負する。
  5. 左下の『○○シリーズ』が同じ場合をペアとして扱い、ペアのGPの合計数で勝敗を決める。(手札に同じシリーズカードが三枚ある(スリーカード)場合は好きなカードをペアにして1枚余らせる)
  6. ツーペア(ペアが2つ)とフォーカード(同じ『〇〇シリーズ』が4枚ある)の場合は手札のカード全ての合計GPでカウントする。
  7. 『レアシリーズ』は1枚でペアとして扱う。
  8. 合計GPの高い人から順位を付け1位3点、2位2点、3位1点と付けていき先に合計10点とった人から抜けていく。
  9. 同率の場合、順位が低いほうの点数を加える。

ジオジャック

トランプゲームの代表格のブラックジャックを基に、カードを配る役(ディーラー)を無くしプレイヤー同士の直接対決になっています。本来のブラックジャックと違い目標点を1万5千GPにしています。

【人数】2人~8人

【勝ち方】表になっているカードのGPと手札のGPの合計1万5千以下を目指す。

【遊び方】

  1. 全員がそれぞれ山札から1枚手札にとり、さらに山札から1枚自分側に表側で置く。
  2. 表になっているカードのGPが一番高い人から時計回りに表のカードと手札のGPの合計数が1万5千GP以下になるようにカードを手札に加える。
  3. 全員同じことをやり、全員の順番が1周したら勝負する。
  4. 場と手札の合計GPが1万5千GPに近い人の勝ち。ただし合計GPが1万5千GPを超えた場合は0点とする。(全員が1万5千GPを超えた場合は全員0点)
  5. 合計GPが1万5千GPに近い人から順位を付け1位3点、2位2点、3位1点と付けていき先に合計10点とった人から抜けていく。

発掘ゲーム

山札(地域)からカード(特産)を発掘・発見するということをコンセプトに考えたオリジナルゲームです。カードを引いていき手札の合計GP1万を目指し持っているカードを全て場(市場)に出せた人の勝ちというゲームです。ジオジャックと違い合計GPが1万以下ではなく1万きっちりという点が肝です。

【人数】2~8人

【勝ち方】手札のカードを全部捨てたら勝ち。

【遊び方】

  1. 全員山札からカードを3枚引く。
  2. 持っている3枚の中から不要なカードを1枚出して全員でジャンケンマークを参考にじゃんけんをする。このとき出したカードは捨て札とする(あいこの場合GPの1番大きい人が勝ちとする)。
  3. 勝った人から時計回りに山札からカードを1枚引き、手札の合計GPがちょうど1万になる組み合わせを作り、捨てる。無ければ引いたカードを手札に加える。
  4. 3で加えたカードで手札の合計が7枚になる場合は1枚捨てなければならない。
  5. 3を順番に繰り返し、先に手札の無くなった人から勝ち抜ける。
  6. 4を3回してしまった人は負け抜けとなる。
  7. 3回パスすることが出来るがパスが1周した時は山札の一番上のカードを捨てる。
  8. 山札がなくなったら捨ててあるカードをシャッフルして再び山札にする。
  9. 最初に誰かが上がった時点でゲーム終了。残った手札の数が少ない順に順位を決める。

ジオかるた

ジオカードの裏面の説明文を読み札とするシンプルなカルタです。大人数でも楽しくジオパークについて知ることが出来ます。

実物のカードが一組しかない場合はこちらのページを読み札としてご利用ください。

【人数】3人以上

【勝ち方】たくさんのカードを取った人の勝ち。

【遊び方】

  1. ジオマスターカードを絵が見える方を表にして並べる。
  2. 読み手はカードの裏面の説明を読み上げる。
  3. 『動植物シリーズ』のカードは「○大きさ」の下にある説明文を読み上げる。
  4. 読み上げた説明に該当するカードを取ったら自分の場に置く。
  5. 読み上げていたカードを表側にし、取ったカードと一致すれば自分のものとなる。読み手は読んだカードを束から抜く。
    ※かるた用読み札ページの場合はカードをクリックすると表側になる。
  6. 4で間違ったカードを取った場合はお手付きとして一回休みになり、取ったカードはまた並べなおし、読み上げたカードは読み手の山札に戻してシャッフルする。
  7. 表のカードが1枚のみになったら読み手の読み終えたカードを2枚戻しシャッフルしてから読み始める。
    ※かるた用読み札ページの場合はそのまま読み上げる。
  8. 表のカードを全て取り終えたら、とったカードが一番多い人の勝ち。