地元学校向け減災教育

ジオパーク推進協議会では次世代を担う子どもたちや地域住民の皆さんに洞爺湖や有珠山の周辺地域における自然特性、噴火の記憶・経験・知恵等を学ぶ機会を提供し「防災・減災」意識を育むことを目的に伊達市、豊浦町、壮瞥町、洞爺湖町の学校で実施される減災教育の講座に講師を派遣します。

❶ 派遣する講師

❷ 費用について

下記の講師料金を当協議会が負担します

【参考】火山マイスター講師料金(地域向け)

参加者1 人当たりの料金(野外は保険料を含む)
野外学習 300円
座学 150円
  • 参加者の人数は引率者(先生)を含みます。
  • 野外の講師1 人あたり20 人まで案内が可能です。20 人を越える場合は複数の講師が必要になります。
  • 参加者が10 人未満の場合10 人分の料金がかかります。

❸ 手続き

ジオパーク圏域の減災教育活動における講師派遣
申請書
報告書

【お申込み】
「申請書」にご記入の上、企画書など実施概要がわかる資料を添付し下記まで必ず郵送でお申込みください。

【終了後】
「報告書」にご記入の上、メールでお送りください。

洞爺湖有珠山ジオパーク推進協議会 事務局
住所
〒049-5692
北海道虻田郡洞爺湖町栄町58番地 洞爺湖町役場 ジオパーク推進課 内
TEL
0142-74-3015
  • 予算の範囲を超えて派遣依頼が集中した場合は地域のバランスや過去の実績を考慮して派遣先を選考します。
  • 講師料金が30,000 円を超える場合は事前に当協議会に連絡してください。

減災教育とSDGs

有珠山の周辺では過去の火山活動の影響を受けた建造物を噴火災害遺構として保全し自然災害のリスクを減らすための教育に役立てています。また、周囲に芽生えた草木を人の手を加えずに残すことで、人と森林の持続可能な関係や時間の経過による植物の成長などを学べる場所として利用しています。

2011年の東日本大震災、2014年の御嶽山噴火、2016年の熊本地震などの自然災害(地質災害)が頻発する中、当地域の減災教育ガイドツアーは全国から高い注目を集めています。特に火山マイスターのガイドツアーについては灘高校(兵庫)や開成高校(東京)など、進学校の利用が増加しています。

当ジオパークの減災教育活動に関連するSDGs項目

くわしくはこちら

火山マイスターの減災教育

有珠火山や昭和新山、災害遺構散策路の見学、噴火災害体験談などについて講師の派遣を行っています。

野外学習テキストを利用した学習

当ジオパークには旅行的行事で野外学習ができる無料のテキストがあります!